Shanling UP5

Shanling UP5

21,560(税込)

数量

Shanlingが誇る、ハイエンドBluetoothレシーバー

ハイグレードBluetoothチップ「QCC5120」を搭載
クアルコムのQCC5120 Bluetooth 5.0チップは、優れた接続品質、
迅速なペアリング、幅広いデバイスやBluetoothコーデックをサポート。


「ES9219C」x2のデュアルDAC構成
「ES9219C」はポータブル製品向けに低消費電力を推し進めながら、
強力なアンプ機能の内蔵や優れたオーディオ特性を実現した次世代のDACチップです。
S/N比や全高周波歪みは大幅に向上し、
原音に忠実なリスニング体験を約束します。

MQAに完全対応
DACチップに内蔵されたMQAレンダラー機能とUP5の内部処理を組み合わせることによって、
UP5は16xまでのMQAデコードを実行します。※USB-DACとしての利用時のみ


音質の鍵はFPGAと二基の水晶発振器
二基のKDS製「フェムト秒クラス低位相雑音水晶発振器」と
Shanlingが自社開発した第三世代FPGA技術(適応クロックサンプリングアルゴリズム)
を使用して正確なデータ処理とクロック管理を行います。
ジッターを効果的に排除してこれまでのBluetoothレシーバーの
常識を塗り替える高音質を実現しました。


「DAC/AMP」x2、更なる高みへ
【3.5mm/2.5mm/4.4mm】の3種類の出力端子と二段階のゲインスイッチ、
そしてシングルエンド接続時には『デュアルDACブーストモード』が利用可能です。
ブーストモード中は32Ω負荷時、112mWの数値まで出力レベルが上昇します。


ケーブルで接続すればUSB-DACアダプタに早変わり
UP5には「18-Core / 7 本撚り無酸素銅OTG機能付き USB Type-C to Cケーブル」が標準で付属します。
またUP5はカーオーディオでの利用を想定した「車載モード」や
幅広い製品と接続するための「UAC 1.0モード」を搭載しています。
Bluetoothを利用したワイヤレス接続からケーブルを使用したワイヤード接続まで、使い方はあなた次第です。


数日間の外出でもOKなロングバッテリーライフ
シングルエンド接続時で最大15時間、バランス接続時は最大11時間、
スタンバイ状態では100時間のロングバッテリーライフです。
こまめに毎日充電することを忘れたとしても、慌てる必要はありません。


製品仕様

本体サイズ:68 x 39 x 14.5(mm)
重さ 50g
DACチップ:ESS Sabre ES9219C x2
出力端子:3.5mmステレオミニ(シングルエンド)
2.5mmバランス / 4.4mm バランス
Bluetoothチップ:Qualcomm QCC5120
Bluetoothバージョン:5.0
対応Bluetoothコーデック:LDAC/LHDC(HWA)/aptX HD/aptX LL/aptX/AAC/SBC
最大出力レベル:90 mW@32Ω (シングルエンド-シングルDAC)
112 mW@32Ω(シングルエンド-デュアルDAC)
240 mW@32Ω(バランス)
最大連続再生時間:15時間(シングルエンド-シングルDAC) / 11時間(バランス)
バッテリー容量: 680mAh



製品内容物

UP5 本体×1
USB Type-C to Cケーブル×1
USB-A to Cアダプタ×1
レザーケース×1
保証書×1
クイックスタートガイド×1

 
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5
  • Shanling UP5